スポンサーリンク

ウォレットプラスで「エラーコード」が出てしまった時の対処方法・解説です。

87mimi

「お金の見える化」の便利機能がそろったWallet+(ウォレットプラス)

収支管理・貯蓄残高・ポイント貯蓄などスマホのアプリから何時でも確認することが出来て便利ですね。

ですが、その一方、操作・登録で「エラーメッセージ」「エラーコード」が出てしまい、意味が分からなくて困ってしまうパターンがあるようです。

今回はWallet+(ウォレットプラス)アプリ操作時に出てしまう「エラーコード」について解説・対処方法について紹介していきたいと思います。

十六銀行公式HPより引用

Wallet+(ウォレットプラス)とは。

Wallet+(ウォレットプラス)に登録した銀行口座の残高や収支や明細を、いつでもどこでもスマホで手軽にチェックできる便利アプリの事。(※Wallet+に普通預金口座の登録が必要となります。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「エラーコード」解説・対処方

エラーコード番号が出た場合の解説をしていきます。

エラーメッセージについては別記事の解説をご覧ください。

「FSA042」と表示される

登録した口座のキャッシュカードが発行されていない、もしくは暗証番号が未登録のままとなっているエラーです。

取引した銀行でキャッシュカード発行後、再度登録手続きとなります。

*キャッシュカード発行の手続きについては、取引した銀行に問い合わせをしてください。

「FSGD69」と表示される

普通預金口座開設時の本人確認が未完了のエラーです。

取引した銀行で本人確認のお手続完了後、再度登録手続きとなります。

*本人確認の手続きについては、取引した銀行に問い合わせをしてください。

「TSI002」と表示される

通帳紛失手続き中のエラーです。

取引した銀行ルールて通帳紛失手続き完了後、再度登録となります。

*通帳紛失手続きについては、取引した銀行に問い合わせをしてください。

「TSI037」と表示される

カードローン口座に何らかの取引制限がかかっているエラーです。

取引した銀行に問い合わせをしてみましょう。

「TSI038」と表示される

まだ諸届手続き中です。

取引した銀行で届けなどの手続きが完了した後に再度登録となります。

*届け、手続き状況の詳細は、取引した銀行に問い合わせをしてください。

「0000001010」と表示される

JRキューポに関するエラーです。

問い合わせをしましょう。

JRキューポについて、詳しくは<こちら>JRキューポ

「1001」「2001」と表示される

MI POINTの会員退会等によりお客様番号の一致が確認できないときに表示されます。

MI POINTに関する問合せ先に問い合わせしましょう。

詳しくは<こちら>MIPOINT

「WLE001」と表示される

dポイントに関する問合せ先に問い合わせしましょう。

<こちら>dポイント

「WLE002」と表示される

エラーコードを下記サポートデスクまで問い合わせしましょう。

support@ibank.co.jp

「505-QS130-1-0006」と表示される

本人確認の追加手続きが必要です。

本人確認の手続きについては、取引した銀行に問い合わせをしてエラーコードを連絡しましょう。

「505-QS101-1-0005」と表示される

退会後に新たにアカウントを設定し、以前登録していた普通預金口座を再設定しようとした際に上記エラーが表示されます。

退会後の普通預金口座再登録可能日は下記の通りです。

●21時までに退会手続きをした場合→退会日の2営業日後

●21時以降に退会手続きをした場合→退会日の3営業日後

スポンサーリンク

Wallet+(ウォレットプラス)の操作に関する問い合わせ先

こちらはWallet+(ウォレットプラス)アプリ開発会社の問い合わせ先です。

取引した銀行の口座の事や、登録状況などは直接取引銀行へ問い合わせをしましょう。

メールでの問い合わせとなりますので、下記の内容を打ち込み送信して返信待ちとなります。

入力内容例

①取引銀行:(例:福岡銀行)

②登録メールアドレス

③詳細な状況(エラーコード含む)

【より詳細な情報をご提供頂ける場合】
④ご使用端末の機種名(例:XPERIA XZ2 SO-03K)

⑤ご使用端末のOS・バージョン

⑥ご使用端末の空き容量

メールで問い合わせる

スポンサーリンク

Wallet+(ウォレットプラス)対応金融機関

これから試してみようという方もおられると思いますので、対応している各銀行を一覧にしておきます。


沖縄銀行公式サイト

福岡銀行公式サイト

広島銀行公式サイト

十八親和銀行公式サイト

十六銀行公式サイト

熊本銀行公式サイト

南都銀行公式サイト

山梨中央銀行公式サイト

今月1月7日からは佐賀銀行でも利用できるようになると発表がありました。

順次、登録銀行が増え便利になっていきそうです。

スポンサーリンク

まとめ

スマホ決済やオンラインでの金融機関の操作が日常になってきました。

まだまだ不具合や、アプリの開発などで成長途中の業界ではありますが、ポイントがたまったり、キャンペーンでお得をしたり、知ってないと損をするような事もありますので、エラーなどで挫けず便利にお得に使いこなせるようになっていきたいですねー。

ご訪問ありがとうございました。



87mimi⭐️ 新着
スポンサーリンク
シェアする
kazutoをフォローする
スポンサーリンク
和to-share

コメント

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました