スポンサーリンク

テセウスの船 “黒幕”登場してびっくり「マジでー!!お前だったのかー!!」

⭐️ アニメ・マンガ

俳優の竹内涼真さん主演の人気連続ドラマ「テセウスの船」

最終第10話の「過去を変えろ!黒幕との最後の対決」が3月22日、拡大版で放送されました。

そこでいままで「謎」「不明」だった黒幕が登場!

その黒幕とは「田中正志(せいや)」

「お前だったのかー!!」「まさかすぎ!」と驚いたコメントがSNSで一斉に上がり、盛り上がりを見せました。

田村心(竹内さん)が31年前にタイムスリップしてしまい、警察官の父、佐野文吾(鈴木亮平さん)が逮捕された「音臼小無差別殺人事件」の謎を追う物語です。

マンガ「モーニング」で連載された東元俊哉さんの作品が原作。

まさかの展開でしたが悪魔のような形相で文吾への恨みを吐く、せいやの演技力が高評価されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最終話

 

最終話では、駐在所のワープロから犯行を記した日記と庭からは青酸カリが発見され、文吾が逮捕されてしまいます。

文吾は一連の事件容疑を認める自供。

心と和子には「縁を切ると」言い、二人は大きなショックを受けます。

そして、心の元には事件の真相を追う黒幕から最後のメッセージとなる物が届きます。

スポンサーリンク

展開

心は究極の選択を迫られます。

家族の未来を救うためには…。

 

話の終盤で、田中正志(せいやさん)がナイフで文吾を襲撃し、みきおを操っていたのが正志だと判明。

スポンサーリンク

恨みの理由

毒きのこ汁を食べてしまい、徳本卓也の母親が亡くなった1977年の「音臼村祭」

文吾が混入の犯人として正志の母親を逮捕します。

その事から正志と妹を不幸が襲う。

夫の義男に見捨てられた末母親は亡くなってしまい、妹は「殺人犯の子」と言われいじめにあい自殺。

田中正志(せいやさん)は文吾への恨みを明かしました。

 

スポンサーリンク

まとめ

楽しみに毎回視聴していた皆さんは この展開いかがでしたか?

面白かった・残念・意外過ぎ・なんでこの人…とたくさん意見が分かれているようですが。

話題の多さをみると、正解だったのではないでしょうか。

ご訪問ありがとうございました。

コメント

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました