スポンサーリンク

「パティシエ」になるためには学校へ通わなくても大丈夫!

⭐️ グルメ

パティシエになるために学校へ通った方がいいの?いかなくてもなれるの?

「パティシエ」

この職業に女の子らなずとも、一度は憧れた!という人はたくさんいるのではないでしょうか?

バターや小麦粉、生クリームを使ってケーキやムース、シュークリームにチョコレートなどの、甘くて美味しい洋菓子を作る魔法使いのような職人さんです。

この「パティシエ」と呼ばれる職業に就くには、製菓学校などを必ず卒業していなければならない訳ではありません。

では、パティシエになるにはどうしたらいいのでしょうか?

専門学校などに通うメリットやデメリットなど、経験者の目線からご紹介致します。

パティシエになる方法としては2つあります。

  • 1つ目は、求人広告や店頭の求人募集などで直接雇ってもらう。
  • 2つ目は、洋菓子の専門学校に通って就職を斡旋してもらう。

それぞれメリットとデメリットがありますので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

学校へ通わずパティシエになるメリットは?

まず、なんといってもすぐにパティシエになれるということ!

求人応募→面接→採用
と、運よく採用してもらえれば最短で2、3日でパティシエになることができます。

雇ってもらうというだけですと、資格も要りません。

ただし、経験や自分でどれだけやりたいか、やってきたか独学の過程など就職の際に、相手側の雇い主に認めてもらわなければなりません。

初心者OKという募集もありますね。

もう1つはお金がかからないということ。

専門学校専門に通うとそれなりに費用が高額にかかりますね。

入学金に月謝・教材費・交通費など年間にかかる費用は大きいです。

製菓学校など、専門校を出ていなくても採用してくれるところは意外にたくさんあります。

仕事をしながらパティシエの技術を先輩から学んでいく、修行に似たかたちになります。

スポンサーリンク

学校へ通わずパティシエになるデメリットは?

技術も知識もない状態で雇われるのですから、当然給料面では満足のいく額面には最初ほど遠いかもしれません。

ただ、しっかりと下積みを経て給料が上がっていく楽しみもあります。

 

スポンサーリンク

学校へ通うというメリットは?

同じ志を持った仲間ができること!これが1番ですね。

パティシエの仕事は楽しいことばかりではありません。

時には逃げ出したくもなるようなこともあります。

そんな時に同じ辛さを分かち合える仲間を作れるのは大きなメリットです。

もう1つは、大手のホテルやレストラン、お菓子メーカーなどの福利厚生のしっかりしたところに就職しやすいことです。

安定した収入があると、それだけで仕事に対するモチベーションも変わってきますね。

スポンサーリンク

学校へ通うというデメリットは

やはり最大のデメリットは学費がかかることでしょう。

一般的に、入学から卒業まで数百万円ほどかかってしまうのがネックになりますね、

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はパティシエになるための2つの方法について、メリットとデメリットを挙げました。

もちろん、どちらが良くてどちらが悪いというわけではありません。

どちらの道が自分に合っているかをしっかりと見極め、後悔せずに夢を叶えましょう!!

ご訪問ありがとうございました。

⭐️ グルメ
スポンサーリンク
シェアする
kazutoをフォローする
スポンサーリンク
和to-share

コメント

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました