スポンサーリンク

『上白石萌音』さんの魅力と印象的な特技はこれだった

新着

恋はつづくよどこまでも」で主演、上白石萌音さんの魅力が知りたい!ですよねー。

可愛いです

現在放送中の「恋はつづくよどこまでも」で新人ナース・佐倉七瀬を好演している女優、上白石萌音の魅力を分析・迫りました。

まずは簡単な経歴からご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プロフィール

上白石萌音

  • 1998年 1月27日生まれ(現在22歳)
  • 2011年 第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』で、審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。
  • 現在は歌手としても活躍中。
  • 妹は「義母と娘のブルース」でおなじみ上白石萌歌。
スポンサーリンク

上白石萌音さんの魅力とは

その1, ナチュラルな演技!

上白石萌音さんといえば、どんな役、物語にも溶け込むナチュラルな演技が魅力です。

また、ナチュラルさの中に「役の個性」を光らせる技術は天下一品ですよね。

例えば、映画「ちはやふる」で演じた主人公、千早の友人・奏。

奏は大人しく、素朴で、天真爛漫な千早を友人として支える女の子です。

しかし、その中でも「古典好き」という奏の個性を表現し、千早を支える存在として作品に溶け込みつつも、印象深いキャラクターに仕上げています。

現在放送中の「恋はつづくよどこまでも」では、恋に仕事に全力な七瀬をナチュラルに、そして天堂先生に夢中な一面はコミカルかつ可愛らしく演じ、七瀬の個性を引き出しています。

その2,透明感溢れる声と確かな歌唱力

上白石萌音さんといえば、映画「君の名は」で声優としてヒロイン・三葉を演じ、大ブレイクを果たしました。

三葉の可愛らしく、透明感溢れる声が印象的だったという方も多いのではないでしょうか?

また、上白石萌音は歌手としても活躍し、ミュージカルの舞台でも活躍できるほどの歌唱力の持ち主です。

2016年に歌手デビューを果たし、2017年には初のオリジナルアルバムとなる『and…』を発表しています。

ミュージカルでは2012年「王様と私」で初舞台を踏み、ミュージカル映画「舞妓はレディ」では、応募者800人を超えるオーディションで見事主役を勝ち取りました。

その後もミュージカルへの出演を続け、2018年には井上芳雄ら出演「ナイツ・テイル −騎士物語−」への出演も果たしています。

これがみんなを引き付ける魅力、特技と言えるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

「歌って、演じられる」女優、上白石萌音さんの今後に大期待!

在22歳の上白石萌音さん。

これからの映画、ドラマ出演が楽しみな一方、歌手として、ミュージカル女優としての活躍も期待したいですね。

出演予定などわかりましたらまたお知らせ記事にしたいと思います。

ご訪問ありがとうございました。

 

新着
スポンサーリンク
シェアする
kazutoをフォローする
スポンサーリンク
和to-share
Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました