スポンサーリンク

ボタンインコ「名前の付け方」自分でつけないのには訳があるのです!

りくボタン

本日はりっくの本名の由来を紹介したいと思います。

あくまでもりっくうは愛称なのです。

  • ちゃんと本名がある
  • 発情への気遣い
  • 実家の破壊はインコのデフォルト

実は本名がある

今までも何羽が我が家にお迎えいたしましたが、長生きしたインコはすべて友人に名付けしてもらった子達でした。

なんででしょう、長生きしようよみんな・・・。

緑風と書いて「りく」、実は最初男の子だと思ってたので友人に「多分男のだと思う、それで名付けよろしく!」とお願いしたらレディでしたよ!ウーマンでしたよ!フロイラインだったよぉぉぉぉ。

あたちは男の子なんて言ってないでちよ?

はい、行動からそう思っただけです・・・私の早とちりです。

友人曰く。

「緑色がきれい、この子に良い風が吹きますように」

ととても綺麗な理由でつけて戴きました、室内飼いなのでエアコンくらいしか風はないのですがwwww。

なので最初は普通にりく、りく、と呼んでいたのですが卵がかごの中にころがってい「あれ?女の子だった」と急遽「りく子」と呼んでいたのが気が付いたらりっくう呼びになってました。

お家の話

5年・・・ 発情との闘いでしたね、発情させないように!とがんばっていたのに上にあげた腕見て発情されたときはびっくりでした(笑)。

一番上にある写真にある巣ですが、かわいさに負けて買いましたが木の洞に似ているので発情したらまずかも?と思いましたが「実家」扱いできれいに使っています。

ボタンインコは臆病な気の小さい子達なので最初からかごにいれるのはよくないないなぁと部屋に置いておいて見慣れてもらおうとしました。

初めて見たときは遠回りて近寄らず、翌日は頭の血管きれるんじゃないかと思うほど巣にきれまくり、3日目はまったり入って上記の写真のようになりました、慣れてもらおうとした物の中では最短でしたね!。

この巣の危険性

麻糸をよって太くした紐でぶら下げます、なので中で ガジガジガジガジとかじる音が聞こえてきます。

そのうち落ちてくるんだろうなぁ・・・と心配です、切れる前には予備を買わないとですね(笑)。

本日もおいでいただきありがとうございました。

又お会いしましょう!

インコの種類・ルリコシボタンインコはどんな鳥?主な特徴・性格と経験をご紹介


りくボタン
スポンサーリンク
シェアする
kazutoをフォローする
スポンサーリンク
和to-share

コメント

  1. […] […]

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました