スポンサーリンク

クリスマスツリーの生木をIKEA(イケア)で購入してみました!販売開始日・買って良かった事・困った事です。

面白グッズ

今年も生木のクリスマスツリーの販売がIKEA港北店で11月21日から始まりますね。

今年はどのIKEA店舗でも販売開始は11月21日からです。

サイズや形も様々あって、わんさと積まれた中から良さげな物を自分でよいしょと引っ張りだして選びます。

去年もそうでしたが、沢山の人が早くからきていて早々に完売してしまいます。

数量は限定で、価格は2,999円。

購入すると「ツリー購入証明書」がもらえます。

クリスマスが終わり、不要になると回収してくれて(不要ツリー回収期間は2020年1月4日~19日で購入した店舗でのみの回収)
回収時にはクーポン券(1,500円分)と交換してもらえるので実質1400円くらいで楽しめる生木となります。

そんな、これからのクリスマス準備期間に向けて皆さんの知りたいことをまとめました。

  • クリスマスツリー生木を買ってみる
  • ネットと店舗購入どっちがお得?
  • 実際良かったこと・悪かった事感想

等々、購入前に知っておきたい情報です。

せっかくのクリスマスイベントに後悔しないよう、ぜひチェクしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリスマスツリーの生木を買ってみました!

フェイクのクリスマスツリーを買いに去年IKEA港北店へ。

店内を選んでいるうちに「ん?」と気が付くと生木でツリーを販売しているのを発見!

そうです…そんなことは知らずにIKEAに行っていたのです。

おお!と気持ちが盛り上がり、人がたかっている中に入り色々掴むのですが、枝ぶりをかざしながらシャキッと濃密なのを探し出さなければいけません。

持ち上げたり、下の方から引っ張り出してみたり結構大変。

今年これから購入するかもしれない皆さんへ!「軍手の用意」です!!!( `ー´)ノ絶対必要!

大体寸法としては100㎝から120㎝ぐらいの小ぶりの木なのですが、ドサッと置かれた中から引っ張りだしたり、ひっくり返したりしながら選ばないといけないのでヤニが付いたりして、手や服の袖口が汚れます!

私はダウンの袖のゴム部分にヤニが付いてしまって落ちなくなってしまいました(T_T)

枝もトゲトゲしていて痛いし、幹の部分もつかむと結構チクチク痛いので軍手の持参を強くお勧めします

選んだら自分で運んでツリーとして立てるスタンドも一緒に購入(2000円程度で一度買えば毎年使えます)

ツリーを入れる袋などはなくて、用意してある新聞紙にグルグルと包んで梱包。

他にまだ買い物や食事をしたい場合など預かってくれます。

本当に近い人なら歩いて担いで持って帰れるでしょうが、車で運ぶのが良いかとおもいます(持つとマアマア重い)

葉もボロボロ落ちたり枝切り口も汚れていたりあるので、車にも何かシートか新聞紙など敷いておくと良いかも。

いざ部屋に立ててみました!

枝ぶりとしては結構スカスカした感じで、本物はやっぱり匂いがしますねー。

部屋中が生木の湿気あるもみの木の匂いになります。(飾ってる間ずっとなので苦手な方には辛いかも)

サイズ的には小ぶりで見た目丁度良いし、とにかく気持ちがめっちゃ盛り上がります。

欧米風なそんな事が子供の頃から憧れだった人は多いのではないのでしょうか。

これから飾るワクワク感と、部屋に本物のもみの木を立てて準備するおしゃれ感は大満足できますね。

そしてぱっと部屋が華やいだ雰囲気になり、既製品とは違う重厚感ある存在感は、う~ん(‘ω’)💛とうなずいてしまいます。

困ることはプラスチック製の物とは違い、飾り付けると枝が結構しなだれて重たいオーナメントを付けると、ショボーンと頭を下げてしまいますので、つける位置や飾り方に工夫をしないとダメ。

あと、飾りつけ時には掃除機を待機。

飾りをつけたり、外して移動するたびにボロボロボロボロと葉が落ちて散らかるし、踏んずけると白い靴下は緑に。

歩いて横を通って枝に触ってもボロボロ落ちるので、飾っている間は葉のお掃除はほとんど毎日必要になります。

スポンサーリンク

ネットと店舗購入どっちが安いの?

ネット購入の場合

  • 楽天市場
  • Amazo
  • yahooショッピング
  • 日本花卉ガーデンセンター
  • はなどんやアソシエ          等々 

価格帯をそれぞれを見てみましたが、ほとんど6000円くらいから何万円もするものまで(配送料は地域により均等ではありません)

ネットの便利なところは苗木を入れる鉢や土、オーナメントも一緒にあれこれ見たり注文してしまえる事。

車のない方にもネット購入はやっぱり便利ですね。

その代わり少し店舗よりは2000円程度高めにつくかな~と思います。

あと、お住いの地域を入れて植木屋さんや園芸屋さんで検索してみても、意外と家の近くに知らない植木屋さんが販売してたりするかもしれません。

専門店の方が、手入れの仕方や世話のして行き方なども丁寧にHPに出してあったりするので、棄てずにそのまま育てていきたいような方には 苗木のしっかりした植木や園芸専門店の検索をお勧めします。

参考HP→http://green-shop-sora.jp/?mode=cate&cbid=528696&csid=27 SORAの植木屋さん

店舗購入の場合

IKEA(イケア)が店舗購入価格としては他の店舗と比べても安かったです。(IKEA2999円・他ホームセンター等3900円~)

ホームセンターの園芸コーナーにもミニツリーのような鉢植えが多く売っていましたが、もみの木のサイズはそう種類がありませんでした。

自分で行って、自分で持ち帰る手間がありますが価格としてはネットよりは安め。

去年は六本木ヒルズクリスマスイベントとして、もみの木苗木販売を一定期間やったりしていましたよ。

何でもそうですが店舗で直に見て選べる確実さはありますね。

IKEA(イケア)では購入時「ツリー購入証明書」と言うの発行してくれます。

クリスマスが終わったあと、不要になったモミの木を回収する取り組みをしていて、買ったもみの木とツリー購入証明書をイケアに持っていくと、1,500円のお買物券に引き換えてくれるんです!

なので2999円で買っても1500円分は返って来る!といった仕組みなので、持ち込む手間はありますが、お得感は断トツにIKEA(イケア)店舗購入かと思います。

スポンサーリンク

買って良かったと思った事

Twitter等でもレビューがたくさん出ていますが、自分としては「買って良かった」という感想です。

クリスマスのイベントは「どうしようか」「何を買おうか」「こんな風にしたい」を考えるのが楽しい。

買いに行く手間や、スタンドを買わないといけなかったり散らかったりもしますが、本物のもみの木を買って開いた時の「わー♪♪♪(*’▽’)」という家族のキラキラした喜びようは、毎年のイベントとしてやってあげたくなります。

先ほども書きましたが、雰囲気の良さや重厚感・雪に見立てた綿を乗せたビジュアル的華やかさは本物ならでは。

フェイクにはない楽しみ方の一つ、として考えて頂けたらと思います。

スポンサーリンク

困った事…

葉が散らかります。

飾るときにかなり葉や枝の皮がボロボロ落ちるのと、触ったり擦ったりしても葉が落ちます。

床やカーペットが汚れるような事はありませんが、小まめに拾ったり履いたり掃除が必要。

それと生木の匂いはします。

生リースを飾ってもそうですが、松ぼっくりが落ちている公園のような土くささと、枝のちょっと香ばしいような香り。

不快な匂いではないですが、外から帰った時にふぅっと毎回匂いが鼻に入ってくるので、匂いが苦手という方には向かないかもしれません。

それと虫。窓を開けっ放しにしている訳ではないのですが、何かの拍子に香りで連れてくるのか小さな羽虫が何度かツリー周りに飛んでいました。

簡単な虫除け剤で予報は出来ます。

もの凄く困った❗という程の事はありませんでしたが、初めての経験として、こんな対処がありました。

まとめ

もみの木の生木をクリスマスに買って帰るなんて外国人さんか「お金持ち」がやるイメージしかなかった事。

笹の葉くらいは買って帰るお宅も多いかと思いますが、今年のクリスマスイベントとして、本物のもみの木でクリスマスツリーを作ってみてはどうでしょうか。

IKEAで枝を買うも良し、園芸店やホームセンターで植木鉢の物を買うも良しで、自分だけのオリジナリティー溢れるツリーを作ってみてください

ご訪問 ありがとうございました!

 

面白グッズ
スポンサーリンク
シェアする
kazutoをフォローする
スポンサーリンク
和to-share

コメント

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました