スポンサーリンク

9/8日最新情報2022年台風12号たまご進路予想・大きさ/米軍・ヨーロッパ・windy情報まとめ

⭐️ トラベル

先日から台風ばかりで、シーズンに入ったのだなと感じます。

気を付けて過ごしていきましょう!

今回は『ムイファー』と言われている台風12号

  • 2022年台風12号たまご/進路予想・大きさ
  • 2022年台風12号たまご/米軍・ヨーロッパ・Windy情報まとめ!

についてお届けします!

2022年台風11号9/2更新たまご進路予想と現在地最新情報/米軍・ヨーロッパ・windy情報まとめ

こんな時こそ「宅配サービス」考えてみるといいですね↓


スポンサーリンク
スポンサーリンク

【9月8日更新】台風11号・12号の最新情報

9月8日(木)の各地の天候は不安定で、局地的に激しい雷雨が起こります!

特に、近畿・東海・関東では、大雨警報が出ている地域もありますので、(静岡県など)引き続き警戒してください。

9月8日昼過ぎまでは、土砂災害に注意しましょう!

また、西日本では残暑が戻りムシムシした気候となっていますので、熱中症対策をお忘れなく!

【9月8日更新】新たな台風情報!

7日にあらたな熱帯低気圧がフィリピンの東で発生し、停滞しています!

本日8日21時までには発達しながら台風となり、西北西に進み、

11日から12日にかけて沖縄地方に接近する見込みとなっております!

11日の21時には『強い台風』に発達し、沖縄に接近。

最大瞬間風速は50メートルになる見込みです。

沖縄地方は10日から風が強くなり、11日には暴風になるのではと予想されていますので、なるべく外出は控え、事前に備えておく必要があります!

今後の進路についても注視していきましょう!

スポンサーリンク

【9月7日更新】台風11号(12号)の進路情報

9月6日21時頃に、台風から温帯低気圧に変わりましたが、7日も北日本を中心に強風が続く見込みです。

北海道や北陸では、いくつもの場所で倒木や屋根が剥がれ落ちるなどの被害が出ておりますので十分に警戒してお過ごしください!

9月6日(火)北海道札幌市では、2022年1番の風速を観測しています!(30,2メートル)

さらに宗谷岬では35,6メートル利尻空港34,5メートルを観測するなど、各地で強い風に見舞われました!

飛来物などで、お怪我や被害に遭われていないと良いのですが…。

また、台風が過ぎ去った後も東日本・西日本ともに、暖かく湿った空気が流れ込んでくる影響で、天候は非常に不安定で雷雨などに見舞われる可能性もありますので、週の後半も引き続き注意しましょう!

さらに、残暑が復活する予報が出ておりますので、熱中症対策もお忘れなく!

朝晩は冷える日も北日本ではあるため、体感温度に注意して、服装などで調整してください♪

スポンサーリンク

【9月6日最新更新】台風11号(12号)の進路情報

各地で交通機関に影響が出ていますね!

筆者が住んでいる地域も、暴風域に入っていないにも関わらず凄まじい風です!

眠れなかった方も多いのではないでしょうか。

ただいま台風は、対馬海峡を北上しています。

九州地方・特に長崎、福岡の方は警戒を強めましょう!

これからさらに、日本海を北上してきますので、暴風や局地的な豪雨などに注意が必要です。

台風から離れている地域の方も強風などに警戒しましょう!

どうか被害が出ませんように!通勤・通学の方はお気をつけてください!

【9月5日更新】2022年台風12号たまご進路予想・大きさ/米軍・ヨーロッパ・windy情報まとめ

9月6日14時現在、西日本では現在も非常に強い風が吹き、大気が不安定な状態となっておりますので、引き続き警戒してください。

局地的な雷雨も起こりますので気をつけましょう。

さらに6日の夕方からは北海道で風が強まる予報となっております!

北陸地方の方は暴風・局地的雷雨・河川の氾濫など厳重に警戒しましょう!

木々や電柱もなぎ倒しそうなほどの強烈な風が予想されますので、できるかぎり屋内でお過ごしください。

また屋内の場合でも、窓が飛来物により割れてしまうなどの被害も充分考えられますので、お部屋の中心でなるべく過ごされると安心です。

6日の夜には、台風が温帯低気圧に変わる見込みですが、しばらく注意して過ごしましょう!

【台風11(12号)】今後の雨量予報まとめ※9月6日追記

今後の台風による雨量や風速予報をまとめておきますので、備えの参考になればと思います!

■9月7日(水)までの雨量予想(24時間)

  • 九州地方(南部)…60ミリ
  • 九州地方(北部)…100ミリ
  • 中国地方…80ミリ
  • 四国地方…250ミリ
  • 近畿地方…180ミリ
  • 東海地方…120ミリ

■9月8日(木)までの雨量予想(24時間)

  • 東海地方…100~150ミリ

線状降水帯が発生すると、雨量が予想よりも増える可能性が考えられます。

低い土地の場合は、浸水や土砂災害が起こりやすくなりますので警戒しましょう。

※河川の氾濫などにも注意が必要です!

【台風11・12号】今後の風速予報まとめ※9月6日追記

■9月6日(火)に予想される最大瞬間風速

  • 九州地方(北部)…35~50メートル
  • 九州地方(南部)…20~30メートル
  • 中・四国地方…25~35メートル
  • 近畿地方…20~30メートル
  • 北海道…25~35メートル
  • 北陸地方…23~35メートル

■9月7日(水)に予想される風速

  • 北海道…25~35メートル

明日7日までは、広い範囲で強烈な風に見舞われる見込みです

強風に伴い、波の高さも九州地方では10メートルになる地域もありますので、河口付近などの低地では高波による浸水にも注意しましょう!

スポンサーリンク

【9月5日】台風11号(12号)の進路情報

九州地方はすでに交通機関等に影響が出ています。

9月5日13時現在、東シナ海を1時間に20キロのペースで北上しています。

明日の6日にかけて、台風は日本海に北上してきますので、台風が接近してくる地域の方は引き続き警戒しましょう。

また、台風から離れている地域も強風に見舞われる可能性がありますので、交通機関の情報などこまめにチェックされると良いですね!

九州・沖縄地域の皆様、どうかお気をつけてお過ごしください!

スポンサーリンク

2022年台風12号たまご/進路予想・大きさ

気象庁によると

9月1日時点で台風12号になるはずだった熱帯低気圧が、台風11号に吸収合併されたような形となり、非常に巨大化した状態になっています。

気象庁より引用

2022年8月28日(日)に台風11号が発生し9月4日(日)現在、台風12号を吸収した台風11号は『猛烈な台風』から『強い台風』となっております。

そして9月4日に、尖閣諸島・宮古島・石垣島が暴風域、沖縄本島が強風域に入りました。

9月4日16時には尖閣諸島付近は、風速25m/s以上の暴風域となって中心の最大風速は秒速45m最大瞬間風速は60m大きさ階級も『大型』で、非常に強い台風となっています。

今後の進路は5日にかけ『非常に強い台風』に勢力を強め、東シナ海を北上していきます。

さらに6日には日本海に達し、九州地方に最大風速35~40m/sを保ちながら進んでくる模様です。

そして7日には、温帯低気圧に変化していく予想となっております。

2022年9月4日(日)現在の各地の警報・注意報を確認しておきましょう!

ウェザーニュースより引用

※赤い部分が警報、黄色い部分が注意報です。

9月4日21時現在、沖縄県、宮崎県、鹿児島県の一部に、大雨・暴風・波浪警報が発表されています。

全国的にも注意報が出ておりますので、お住まいの地域の情報を見ておきましょうね!

2022年十五夜(中秋の名月)はいつ?食べ物・お供え・お月見団子の由来も調べてみました

ドリームフェスティバル2022Hey!Say!JUMP9/24一般チケット発売はいつ?購入方法と倍率・会場・値段解説

スポンサーリンク

2022年台風12号たまご/米軍・ヨーロッパ・Windy情報

続いて各国の台風11号・12号の最新情報をみていきましょう!

【台風12号】たまご進路:米軍JTWCの最新情報

米軍のJTWC(合同台風警報センター)は、台風のたまごに関する情報発信が早いと言われています。

JTWCサイトより引用

TY12W”HINNAMNORとは…台風11号のこと
TD…熱帯低気圧のこと
TS…熱帯低気圧が台風になったことを表す
TY…強い台風のこと
STY…非常に強い台風のこと
表示については上記を参考にみていきましょう!

台風の雲が拡大しているのがわかります。

JTWCサイトより引用

米軍JTWCの進路予想も台風11号は沖縄付近に停滞、5日に北上し、どんどん発達しながら日本海に達すると予想されています!
沖縄付近に停滞するので被害が大きくならなければ良いのですが…。

台風が接近・通過する地域に該当している方は、十分に備えておく必要がありますね!

【台風12号】たまご進路:ヨーロッパ(ECMWF)の最新情報

続いて、ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の進路予想図をみてみましょう!

ECMWFサイトより引用

沖縄付近に台風11号が発生していますね!

濃い緑の範囲が拡大していて、台風が非常に強い勢力になっていることが示されています。

ECMWFサイトより引用

画像を進めていき9月6日(火)の台風進路予想をみてみると、さらに発達した台風が九州・中国地方に接近してくる見込みです。

緑色も濃くなっていて、非常に強い風や雨が九州・中国地方に影響を与えると思われます。

今回の台風は大型なので、事前にできる限りの備えをしておきたいですね!

【台風12号】たまご進路:Windyの最新情報

最後にチェコの企業が運営している『Windy』を確認しましょう!

Windyは風や雨の状態を動画で表示しているので分かりやすいです!

台風付近はかなり風が強いことが確認できますね。

釣りなどをされる方も、WEBサイトやアプリ(無料)で簡単に天気の情報を手に入れることができておススメです!

Windyの予報でも9月4日から6日にかけて沖縄、九州、中国地方で激しい雷雨、強風に見舞われるようです。

しかし、台風の進路は次第に西に逸れていきそうなので、全国的な大雨にはならないかもしれません。

ですが、台風が離れている地域でも引き続き注意しておきましょう!

こちらもチェック

2022年台風11号9/2更新たまご進路予想と現在地最新情報/米軍・ヨーロッパ・windy情報まとめ



【栄養士の献立】ヨシケイお試しキャンペーン実施中!

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、台風11号・12号たまごの進路予想・大きさについて、各国のサイト情報を元にまとめていきました!

気象庁を始め、米軍(JTWC)・ヨーロッパ(ECMWF)・チェコ(Windy)ともに、9月4日から6日にかけて沖縄や九州・中国地方などに激しい雷雨や強風をもたらすとのこと。

九州直撃などは避けられそうですが、しっかり備えておくと安心ですね!

また、最新情報が分かり次第追記したいと思います。

ご訪問ありがとうございました!

ちいかわしまむらコラボ9/3~いつまで?取扱店舗/オンライン通販/パジャマ・ポーチ他ラインナップ

 

コメント

Secured By miniOrange
タイトルとURLをコピーしました